人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑪スイス

昨夜の夜行列車はクシェット(寝台車)ではなく、

リクライニング出来るイス席でした。

そういえばニースのあたりから、朝食が付かなくなっていました。

どういうシステムなのでしょう?


9時17分 スイスのチューリッヒに到着。

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑪スイス_b0378101_12435941.jpg

スイスまで来れば安心。と思っていました。

何となく治安が良いイメージですし、スイスは以前にも来たことが

ありましたので、なじみ深いです。

スイスの国自体は小さいですが、美術館の宝庫と言ってもよいくらい

良い美術館が目白押しですので、

ここは夜行列車で移動などと言わず、慎重に1つ1つ回りました。


チューリッヒ美術館

何じゃこりゃー!!な美術館でした。

モンドリアン、シャガール、ピカソ、ミロ、クレー、マティス、ゴッホ、

ゴーギャン、ドガ、マネ、カンデンスキー、ダリ、ポロック、

ホドラー、ココシュカ、エゴンシーレ、

私の好きなバセリッツ、フランシスベーコン、ジャコメッティ。。。

これでもか。これでもか。と言うほどメジャー級の絵画がたくさん揃っていて、

充実しまくりの美術館です。

2時間くらいで足りるだろうと高をくくっていましたが、とんでもない!!


本当にゆっくりと1泊して1日がかりで見たかったのですが、

スイスは残念ながら物価が高めで、特に宿泊代が高いことが難点です。

夕方の列車で、スイスのベルンへ移動して、

ユースホステルへ宿泊。


ベルン美術館へ

当時、ベルン美術館は私の大好きなクレーの絵画がものすごく

たくさん所蔵されていて、クレー美術館と言ってもよい程の充実感で

お気に入りの美術館です。

もちろん、クレー以外にも、ピカソや、ゴッホ、シャガールなどもあります。

建物も広すぎもせず、見やすく、係の方々もフレンドリー。

今は新たにクレー美術館が出来たそうなので、ぜひ一度訪れたいなと思っています。




バーゼル美術館

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑪スイス_b0378101_12450519.jpg

バーゼル美術館も2度目。

ここも素晴らしい品揃えで見ごたえありです。

クレー、ホドラー、ピカソ、モディリアーニ、セザンヌ、モネ、ルノアール、

ゴッホ、ゴーギャン、

ここで買ったポストカードはココシュカの”風の花嫁”


FONDATION BEYELER (バイエラー財団)

ノーマークでしたが、すごく良い美術館でした。

美術商バイエラーさんと奥様によって収集された

モダンアートと、コンテンポラリーアートのコレクションを見ることが出来ます。

品揃えのすばらしさ!!!ここは来てよかった。

建物もすごくステキです。




風景画や、静物画より、人物画が圧倒的に好きです。

美術館巡りの途中から、好きな絵をタイトルと共に

1分くらいでササっとノートに描いて、メモるようになっていました。

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑪スイス_b0378101_13342436.jpg
ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑪スイス_b0378101_13344419.jpg

ただ、後で見返しても、字が汚すぎて読めない!

もっと落ち着いて!と、今、思います。

どんな絵画があったのか、詳しく書きたかったのに、

興奮感は伝わりますが、これではさっぱりです(汗)


スイスはベルンに1泊、バーゼルに1泊して、

合計3日間で駆け足で美術館をまわって、

スイスのバーゼルから、夜行列車で、ベルギーのブリュッセルへ



㉙チューリッヒ美術館(チューリッヒ)

㉚近代美術館(ベルン)

㉛ベルン美術館(ベルン)

㉜現代美術館(バーゼル)

㉝バーゼル美術館(バーゼル)

㉞バイエラー財団(バーゼル)

㉟クンストホール(バーゼル)



















by solaogplanta2 | 2020-02-24 00:55 | 旅行

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31