人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)

ヨーロッパもどんどん南の方に移り、

暖かくなってきました。

季節はちょうど2月下旬からスタートして、

3月に変わったあたりのことでした。


列車の窓からコートダジュールの青くて、キラキラ輝く海を眺めながら、

なんとなくリゾート気分でした。

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23473649.jpg


ニースのお目当てはシャガール美術館です。


ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23483125.jpg


シャガールの絵は様々な美術館でも目にすることが多かったですが、

この美術館の絵画のラインナップは最高でした。

大きな絵が多かったです。

ステンドグラスの部屋があったり、モザイクがあったり。

シャガールのすごくキレイで、可愛くて、詩的な絵が良いなー。

と思いました。


さすがはシャガール美術館です。

圧倒されるほど良い絵ばかりでした。



マティス美術館

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23525731.jpg

切り絵がよかったです。



現代美術館

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23543645.jpg
ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23550128.jpg

コンテンポラリーアートはちょっと難しいです。

オブジェや、映像、写真など、

絵画より受け止めるのが難しいものを「はあー、これは?」と思いながら

見て回ります。


ニースもカーニバルシーズンで、街は華やかでした。

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23554471.jpg

ミモザの黄色いお花が至る所にあって、ニースは黄色いイメージです。

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23563777.jpg


最初は美術館だけ巡る旅。ということで、

駅、宿、美術館だけ、食事も駅か、美術館のカフェ、

お買い物も美術館グッズと画集のみ。

なんて、ルールを設けていましたが、途中からルールもゆるゆるになり、

ヴェネツィアではカーニバルの仮装用の帽子を買ってしまったり、

ガラス細工のペンを買ったりするようになっていました。

ニースでも ぽってりとした厚みのある可愛い模様の入った

カフェオレボウルなどにすっかり魅了され、

食器など割れやすい物を購入。


ですが、今思うと、もっと買えばよかったと思うほど

可愛いカフェオレボウルでした。

(日本で買うと種類も少ないですし、とっても高いので、

ぜったい現地で買うのがおすすめです。)

ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23560250.jpg
ヨーロッパの美術館だけを巡る旅⑨フランス(ニース)_b0378101_23562351.jpg
ニースの美しい海岸線。

まだ、3月の上旬です。

年配の方々がサンセットに、お散歩する様子が優雅でした。


ニースから夜行列車でいよいよスペイン、バルセロナへ。


安いユースホステルなどに宿泊しますと、

みんな大体バックパッカーたちで集まると、情報交換が行われます。

駅や、列車で出会った旅行者とも、「どこから来たの?」

「これからどこに行くの?」と、常に情報交換して、

宿の情報や、現地の様子、注意点などを仕入れるのですが、

全員、すべての人が、「スペイン?スペインは止めたほうがいいよ」

「あそこは女の子一人で行くもんじゃない」

「みんなスられてる」

「がたいの良い男の人でも、リュックを引きはがされているところを目撃した」

など、恐ろしい情報ばかりでした。


私もさすがに恐ろしくなって、スペインに行くのは止めようかなと思いましたが、

ここまで来て、あのガウディのサグラダファミリアを見ないで

帰るのはどうか?と自問自答しました。

1日だけ。泊りは止めて、サグラダファミリアだけパッと見て、

パッとスペインから出てしまおう。

なるだけ怖いスペインには短時間滞在で乗り切ろう。と決意し、

夜、ニースの駅に戻ってきましたら、

日本人の大学生3人連れに出会いました。

夜行列車も一緒のバルセロナへ向かう3人でした。

やはり、みんなも、これから向かうスペインの恐ろしさを心配していました。


これ幸いと。「申し訳ないけど、スペインが怖いから、

ガウディのサグラダファミリアへ行く時に、私も便乗させてもらえない

かしら?」とお願いしたら、

快く、「じゃあ一緒に行きましょう」と言ってくれて、ホッとしました。


偶然にも、夜行列車のクシェットも一緒のお部屋でした。

「もうこのニースからの夜行列車から危ないらしいです」

と、言いながらチェーンで荷物を巻き付けている用心深さの3人が

いるので、これは何か起こっても安心だ。と思い、

私はゆっくり休むことができました(笑)



㉒シャガール美術館

㉓マティス美術館

㉔現代美術館






by solaogplanta2 | 2020-02-22 00:29 | 旅行

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31