人気ブログランキング | 話題のタグを見る

英才教育!?

先日、96歳になる常連のお客様がトマトなどの苗を買いに来られ、

たまたま別のお客様をタクシーにご案内して、戻ってきましたら、

玄関で、「ちいちゃい時も、タクシー止まったよーって呼んでくれてたんだよ。」と

懐かしそうに声をかけて下さいました。

「え!?子供の頃に私が!?本当ですか?私でしょうかねー?」と疑問でしたが、

「私が覚えてるからいいんだよー」とおっしゃって、

一緒に付き添われたご家族の方が、「いつもちいちゃい子」と聞いていましたので、

小さな方なのかと思っていましたが、大きいですね。と笑われました。

おじい様にとっては私もちっちゃい子の印象のままです(笑)


古くからのお客様たちには

「赤ちゃんの時にお母さんにおんぶされていたね」とか、

「お父さんの配達の車の助手席に乗せられて、よくうちの畑にも来てたんだよ」などと

昔の頃の事を聞かされます。

自分の記憶にはもちろんありませんが(笑)


子供の頃はおじいちゃん子でしたので、何をするのも、どこに行くのも

祖父の後に付いていき、何でも大人の真似をするのが好きでした。


今、お店のお花の苗が並んでいる所はマリーゴールドが一面に咲く花畑でしたし、

ハーブの庭は畑で、大根がずらーっと植えられていまして、

夕食時になりますと、「大根大きいところを1本抜いてきて。

まだ小さいのを抜いたらダメだよ、大きそうなのを選んで抜かないとダメだよ」と言われて、

マンガみたいに尻もちをつきながら大根を抜いて、大きいのを持っていきますと、

お、大きいのを選んだね。これはすごいぞ!と褒められたりしました。

小学生の時は学校から帰ると、店で宿題をし、店の隅でお店屋さんごっこをしていました。


大きくなると、跡取りなんて嫌、お店なんか継ぎたくない。と

まったく家業に無関心になってしまいましたが、


いざ、実家に戻り、庭仕事や、お花のお手入れをしてみましたら、

これが、不思議としっくりきまくりで、

初めての事も、やってみると何でも上手く出来るので、血って怖い。と思いました。

暗記は苦手なのですが、お花の名前や栽培方法は1回聞いたら頭に入ります。

勉強も、運動も、音楽も、料理も、今まで、あまり得意なものがなかったのですが、

やってみたら簡単にできるものが水やりや植物の栽培でした。



先日、実家の掃除をしていましたら、こんなものを発見しました。

すいせんのなかま。



英才教育!?_b0378101_23451995.jpg
7歳の頃に描いた絵です。


お花の名前だけでなく、何科という事も大切だったようです。

年寄りっぽい(笑)絶対に祖父の影響入ってます(笑)


キレイに書くというより、正確に書くという事が大切だったようで、

幼稚園の頃の絵は 地面の下の根っこや球根の部分まで書いていました(笑)


ただ、白い色は水色で書いているところが笑えます。


今、思いますと、私は忘れてしまっていますが、

祖父について、庭仕事も相当一緒にやっていたのでしょう?

お花の名前もずいぶん憶えていたのでしょう?

お店の仕事もいっぱい見ていたのでしょう?

たくさんの畑や、農家の方々のお仕事の様子も身近に感じていたのでしょう?


全然覚えていませんけれどね(笑)








by solaogplanta2 | 2019-07-07 00:07 | 日々の事

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31