夏から秋にかけてのお花

暑さなどでダメになったお花の植え替えをお探しになる方が増えてきました。

一番この時期が難しいところなんですが、

暑さに強い。という事が大事ですよね。

それからせっかくなので、秋も使える。という点で考えてみます。


夏から秋の寄せ植え用にナンバンが入荷しています。

普通は観賞用のナンバンで彩を加えるために使うのですが、

こちらはなんと!?食べられるナンバン。

b0378101_14110523.jpg

b0378101_14112458.jpg

今丁度、お花から実に変わってきたところです。

これから赤くなります。

寄せ植えにも出来ますが、実も食べられるのは楽しいと思います(笑)

花壇に植えられても可愛い気がします。

赤いナンバンが花壇の縁に ポコ、ポコ、ポコ と植えられていたら

楽しくて、可愛い(笑)


ナンバンだけで鉢植えにしても良いと思いますし、

寄せ植えにするなら、今ならトリカラーセージの組み合わせとか、

b0378101_10241347.jpg


ペンタスと合わせてもいい気がします。



b0378101_14250660.jpg
b0378101_14253147.jpg
b0378101_14251930.jpg

この上を向いた小花系が、ミニナンバンの姿と似ている気がします(笑)


こちらのペンタス、入荷時はちょっとこじけた(函館弁)苗でして、

日に当てたら葉が焼けるし、日陰だとどんどん葉がヒョロヒョロになるし、

水をやると腐るし、やらないとカリカリになって枯れるし。。。で

もうどうしたら良いのか?!というくらいどうにもならない苗でしたが、

この2か月で、手名付けました(笑)(長かったー(汗))

ここまできましたらもう大丈夫です。お花も可愛いですし。

もう、日向に置いても、日陰でも、水やりをしても大丈夫になりました(笑)



あと、夏&秋用寄せ植えの定番、観賞用のナンバンもございます。

b0378101_14514926.jpg
葉が斑入りだったり、パープルなので、アクセント使いに良いです。


そして、定番のニチニチソウ。

b0378101_14521988.jpg

こちらは白の筋が入る珍しい品種です。涼し気で夏にぴったりです。

ニチニチソウは秋までずーっと咲きます。


シンプルですが、ゼラニウムのみ植える。というのも手です。

ゼラニウムはヨーロッパでもハンギングや、寄せ植えにする定番品種で、

花期が長く、次々咲きますので、寄せ植えの定番です。

夏場はシンプルにゼラニウムのみ。とか、ナンバンのみ。

という単品植えにしますと、水やりなどのお手入れも楽になります。

暑いと、あんまりお花にかまっていられなくなりますしね。

夏はお手入れが楽。というのは良いですよ。

ゼラニウムを上手にやる秘訣はただ一つ。液肥です。

肥料切れすると、葉が黄色くなって、花付きが悪くなりますので、

週に1回は必ず液肥をあげて下さい。


この辺りが夏から秋にかけての寄せ植え用品種です。

うちもお花が少なくなってしまいました。

8月は市場もお休みになりますし、

本州は猛暑で、この時期宅配なんかで送ってもらったら、

どんな目に合うか分かりません(汗)


そのため、なるべく夏、秋用のお花も6月中くらいまでに仕入れてしまいます。

少ない品種で申し訳ございませんが、後は用途に合わせて、ご質問がある方は聞いて下さい。





















[PR]
by solaogplanta2 | 2018-08-06 00:09 | 入荷情報 | Comments(0)

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2