人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スペイン滞在記⑥夏の終わり

お祭り騒ぎのようだった7月が終わり、8月に入ると、私を取り巻く環境が

急激に変わっていきました。

まず、私を連れてきてくれたマリッサは無事大学を卒業し、秋からの仕事のための

インターンとかでマドリードを離れました。

マリッサのルームメイトのイザベラも大学を卒業し、祖国のフランスに

帰ってしまいました。

私のルームメイト達も、それぞれ大学が終わり、母国へ帰って行きました。

語学学校で一番仲が良かった韓国人のジョーは夏休みの3カ月間、

こちらに住む叔父夫婦の家に滞在していたのですが、

8月いっぱいで韓国に戻るという事で、最後にスペインを旅行するために

学校を辞めて旅に出てしまいました。

ブラジル人のジョセも夏休みの滞在でした。マドリードに住む人とアパートを交換して、

(映画のホリディみたいなやつですね)語学学校に通っていたジョセも

ブラジルに帰ってしまいました。

夏休みを利用して、スペインに来ていた人々や、新年度の切り替えで去っていく人々が

多いのが、この夏のタイミングでした。


8月はバカシオネス(夏休み)の月で、スペインで働いている人も1ヵ月の夏休みを

取るのが当たり前でした。

会社も、この夏休みを1ヵ月取らせなければ、罰金を払わなければならないとかで、

働いている人々の絶対的な権利だそうです。

個人経営の小さな商店は夏休みは店を閉めるので、シャッターの閉まったお店が多くなります。

本当にスペインの人たちはこのバカシオネスを楽しみにしていて、

この1ヵ月のために、11カ月を働くという感じです(笑)

閉まっているお店が多くなり、中心街を歩くのは旅行者ばかりになりました。


引き続き、私は午前中はデッサンの学校、夕方からはスペイン語の学校に通っていましたが、

やはりクラスメイト達の入れ替えも、かなりありましたし、

夏休みでお休みする人も多く、

以前のようなお祭り騒ぎ感はなくなりました。



私のピソのルームメイト達が去った後にやってきたのは大家さんの娘さんでした。

大学受験のために集中して勉強するため勉強部屋として使う事になり、

娘さんが来ている時はテレビや音楽も禁止、友達を呼ぶのもダメ、

とにかく勉強の妨げにならない様、静かにしていなければいけないという事になりました。

反対に夜は自宅に戻ってしまいますので、広いアパートに一人で住むことになり、

なんだか寂しいアパート生活になってしまいました。


マドリードにやってきた時の所持金30万円は2か月を過ぎた時点で、大分少なくなってきて、

私のバカシオネスも、もう終わり、そろそろ日本へ帰る時期がやってきたのかな?

と思い始めました。


8月の終わり頃、仲良かった人々はみんないなくなり、ちょっと街の景色が変わりました。

新学期が始まる季節はまた新しいシーンの始まりになります。



スペイン滞在記⑥夏の終わり_b0378101_19023629.jpg

スペイン滞在記⑥夏の終わり_b0378101_18325027.jpg

デッサンの学校のあったマイヨール広場。

週末は大変賑わいます。

マイヨール広場に面したこちらの建物も、住宅です。すごくうるさくてどうなのかな?と思うのですが、

人気物件で、売り出しがあると、すぐに買い手がつくようでした。






by solaogplanta2 | 2018-09-06 00:59 | スペイン

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31