さやえんどう

さやえんどう。

えんどう豆とか、絹さやともいいます。


b0378101_14475375.jpg

雨ばかりで、ちょっと採り遅れ気味です。

b0378101_14492043.jpg

豆が入ると固くなるので、もっと早いうちに収穫しなければならないのですが。。。(汗)


お味噌汁に入れたり、茹でて、煮ものの彩りに添えたりしても良いのですが、


私はオリーブオイルでサッと炒めて、ちょっとお醤油をかけ、火を止めたところで、

最後になめ茸を少しあえて食べるのが好きです。

なめ茸を加えなくても美味しいですし、卵と一緒にいり卵にしても美味しいです。

スーパーで買ったことはありませんが、毎年タネ蒔きしています。

いっぱい採れます。

若いさやは柔らかくて、とっても美味しいです。

素早く、どんどん若いうちに収穫していかないと、豆が出来、

そうすると株が老化して、新しい実が付かなくなって、枯れていきます。

暑さが苦手なエンドウ豆は夏には終わりなので、春から初夏の風物詩。

b0378101_15310043.jpg

さやえんどうは早くタネ蒔きすればするほど、上手くいきますし、長く収穫出来ます。

他のものは5月の中頃にタネをまきますが、さやえんどうは4月でも大丈夫です。

我が家では秋にタネまきしています。丁度ニンニクを植える時に、一緒に。


冬を超えて、暖かくなると、ニンニクと一緒に芽が出ます。


さやえんどうの芽

b0378101_13274705.jpg


ニンニクの芽

b0378101_13282709.jpg

3月の下旬頃撮影。


暑くなると、虫が付きやすくなって、あまり収穫出来ないまま枯れてしまう さやえんどうですが、

涼しいうちは栽培も超楽ちんです(笑)









[PR]
by solaogplanta2 | 2018-07-12 00:36 | 菜園 | Comments(0)

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2