人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スブニール ドゥ ルイ アマード 復活

昨年、死にそうだった鉢植えのフレンチローズの

スブニール ドゥ ルイ アマードを

とうとう地植えにしました。そのブログは→ コチラ


昨年はずーっと1年中、病気だらけでした。

内側からの膿が出るように、新しい新芽が出ては 病気になりを繰り返しておりました。

私の中では不安感というよりは 良くなるための過程の様な気がして

ずーっと、その汚くなった葉を眺めながら、頑張れー。と思っていました。

薬はかけずに時々有機の雫をかけてはいましたが、

スブニールの浄化作業を見続けていました。


スブニールが一人で頑張った甲斐がありまして、

今年はとても良い株になりました(笑)!!


もう病気にもなりません。

スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_18022002.jpg

スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_21334309.jpg
スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_21341938.jpg


薬も、有機の雫もかけていません。


お花も、本来の大きくて、ブリッとした感じに近づいてきました。

まだ、ゴージャスな所まではいきませんが、花びらの数も増え、かなり可愛くなってきました。


スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_18021111.jpg

うっかり、つるバラの下に植えてしまいましたため、

つるバラのマダムアルディの陰になり、ちょっと押され気味ですが、


すごく嬉しい復活でした。

スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_21403491.jpg


可愛い。可愛い。香りがまた最高です。


大好きで、すごく可愛がっていたバラなだけに、

復活できてよかった。


鉢植えでの植え替えなしで3年以上の栽培は中々厳しいです。

私も、1代目のイングリッシュローズのグラハムトーマスを

鉢替えできなくなった4年目の冬にダメにしました。

2代目のこのスブニールも、鉢替えできなくなって、4年目に、相当弱った株を地植えにしました。

地面に植えると、寿命はもっと長くなるのですが、

鉢植えのままはやはり限界が早めに訪れてしまいます。


お庭のある方は鉢植えでバラを栽培されても、いづれ庭に下してあげますと

また新しい人生が始まれると思います。


今年一番めのお花は切り花に。



スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_20150444.jpg

スブニール ドゥ ルイ アマード 復活_b0378101_20143773.jpg











by solaogplanta2 | 2018-06-29 00:35 | 園芸&栽培方法

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31