人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハーブティーが好きになったきっかけ②

ハーブティーへの抵抗感は無くなりましたが、

スペインにはハーブティー以上に魅力的な飲み物がたくさんありました。

夏場のお気に入りは 我々「ネスティー」と呼んでいましたアイスティーです。

今思うと、午後の紅茶のレモンティー味でしょうか?

ネスティーをよく語学学校のクラスメイトとお茶する時に飲みました。

さっぱりして美味しかったです。


そして、このスペインの国で、ミルクティーの代わりに出会ったのは

カフェ・コン・レチェでした。

エスプレッソのような濃いコーヒーに温めた牛乳を半分くらい入れてくれる、

コーヒーの飲めない私でも飲めるコーヒーでした(笑)


とにかく、カフェでも、レストランでも、食堂でも、

スペインの街中にある立ち飲みカフェみたいなバールはもちろん、マックにも

ある定番です。

飲まない日は無いくらい毎日飲んでました。

そのカフェコンレチェと同じようにどこにでもあったのがハーブティーでした。

レストランや食堂で、メニューに書かれていなくても、注文すると出てくるほど

ハーブティーはメジャーでしたが、紅茶には一度もお目にかかれませんでした。


スペインに滞在して3カ月たったころ、お金が無くなりましたので、

働くことになりました。

私が働いたのは日本人のツアー客がお土産を買いに来る免税店でした。

オーナーは日本人でしたが、従業員はスペイン人と日本人の半々でした。

とても仲の良い職場で、お誕生日にはみんなでお金を出し合ってプレゼントを贈ったり、

お昼に皆でパエリアの美味しいお店に食べに行ったりしました。

スペインの食事は本当に日本人の口に合うといいますか、

物凄くどれも美味しいため、とにかく食べすぎてしまうのです。

毎回、自分の許容量以上に食べすぎて、午後の勤務時間にお腹が痛くなることが

多かったです(汗)

最初にお腹が痛くなった時に、同僚に「お腹が痛いから、胃薬ちょうだい」と言ったら、

「マンサニージャ(カモミール)とメンタ(ペパーミント)のハーブティーを

入れておいたから休憩室で飲んで来て」と言われた時には

「あなた何言ってんの!?」とびっくりしましたが、

そのハーブティーを飲んで、本当にお腹が痛いのが治ってしまって、驚きでした。

それ以来、スペインではお腹が痛かったり、食べすぎて胸やけがするなどという時も

このカモミール&ペパーミントで毎回治めて、一度も胃薬を飲むことがありませんでした。


こうして、ハーブティーは身近な存在になっていきました。


ハーブティーが好きになったきっかけ②_b0378101_11503864.jpg






by solaogplanta2 | 2017-11-12 00:04 | ハーブティー

ハーブのお仕事とお庭の植物について


by solaogplanta2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31